建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当
なものはどれか。

 

 

1 鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の
耐久性や寿命に影響しない。

 

 

解答×鉄筋コンクリート構造の中性化は、CO2が
コンクリート内に侵入することによって
引き起こされる劣化である。中性化が進めば、
鉄筋が腐食することになるので構造体の耐久性や
寿命にも影響する。

 

 

2 木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や
防虫対策などの影響を受ける。

 

 

解答○本肢のとおり。

 

 

3 鉄筋コンクリート構造のかぶり厚さとは、
鉄筋の表面からこれを覆う
コンクリート表面までの最短寸法をいう。

 

 

解答○本肢のとおり。

 

 

4 鉄骨構造は、不燃構造であるが、加熱に
遭うと耐力が減少するので、耐火構造にする
ためには、耐火材料で被覆する必要がある。

 

 

解答○本肢のとおり。

 

 
無料レポート「58日で宅建に合格した具体的方法」
58s