宅地建物取引業保証協会(以下この問において
「保証協会」という。)に関する次の記述の
うち、宅地建物取引業法の規定によれば、
誤っているものはどれか。

 

 

1 保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付
を受けたときは、その納付を受けた額に
相当する額の弁済業務保証金を供託しなければ
ならない。

 

 

解答○「宅地建物取引業保証協会は、
弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、
その日から一週間以内に、その納付を受けた額
に相当する額の弁済業務保証金を
供託しなければならない。」とされる。

 

 

2 保証協会は、弁済業務保証金の還付があった
ときは、当該還付額に相当する額の
弁済業務保証金を供託しなければならない。

 

 

解答○本肢のとおり。

 

 

3 保証協会の社員との宅地建物取引業に関する
取引により生じた債権を有する者は、当該社員が
納付した弁済業務保証金分担金の額に相当する額
の範囲内で、弁済を受ける権利を有する。

 

 

解答×宅地建物取引業保証協会の社員と
宅地建物取引業に関し取引をした者は、その取引
により生じた債権に関し、当該社員が社員でない
としたならば、その者が供託すべき営業保証金の
額に相当する額の範囲内において、
当該宅地建物取引業保証協会が供託した
弁済業務保証金について、弁済を受ける権利を
有する。

 

 

4 保証協会の社員との宅地建物取引業に関する
取引により生じた債権を有する者は、弁済を
受ける権利を実行しようとする場合、弁済を
受けることができる額について保証協会の認証を
受けなければならない。

 

 

解答○本肢のとおり。

 

 

「何度、受けてもダメだったあの人も合格した方法」