農地法(以下この問において「法」という。)に
関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1 登記簿上の地目が山林となっている土地で
あっても、現に耕作の目的に供されている場合には、
法に規定する農地に該当する。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 法第3条第1項又は第5条第1項の許可が必要な
農地の売買について、これらの許可を受けずに
売買契約を締結しても、その所有権は移転しない。

 

解答○農地法3条又は5条の許可が必要な農地の
売買について、これらの許可を受けずにした
売買契約は無効である。したがって、その所有権
は移転しない。

 

3 市街化区域内の農地について、あらかじめ
農業委員会に届け出てその所有者が自ら駐車場に
転用する場合には、法第4条第1項の許可を受ける
必要はない。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 砂利採取法による認可を受けた砂利採取計画
に従って砂利を採取するために農地を一時的に
貸し付ける場合には、法第5条第1項の許可を
受ける必要はない。

 

解答×一時的であっても転用目的で賃貸する以上、
農地法5条の許可を受ける必要がある。