土地区画整理法における土地区画整理組合に
関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1 土地区画整理組合は、総会の議決により解散
しようとする場合において、その解散について、
認可権者の認可を受けなければならない。

 

解答○本肢のとおり。認可権者とは都道府県知事
のことである。

 
2 土地区画整理組合は、土地区画整理事業
について都市計画に定められた施行区域外において、
土地区画整理事業を施行することはできない。

 

解答×土地区画整理組合は、土地区画整理事業
について都市計画に定められた施行区域外
においても、土地区画整理事業を施行することが
できる。

 

3 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業
の換地計画においては、土地区画整理事業の施行の
費用に充てるため、一定の土地を換地として
定めないで、その土地を保留地として定めることが
できる。

 
解答○個人、土地区画整理組合、土地区画整理会社
が施行する土地区画整理事業の換地計画においては、
土地区画整理事業の施行の費用に充てるため、又は
規準、規約若しくは定款で定める目的のため、一定
の土地を換地として定めないで、その土地を保留地
として定めることができる。

 

4 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業
に係る施行地区内の宅地について所有権又は借地権
を有する者は、すべてその組合の組合員とする。

 

解答○ 本肢のとおり。

 

 
無料レポート「58日で宅建に合格した具体的方法」
58s