次の記述のうち、都市計画法による許可を受ける
必要のある開発行為の組合せとして、正しいものは
どれか。ただし、許可を要する開発行為の面積
については、条例による定めはないものとする。

 

ア 市街化調整区域において、図書館法に規定する
図書館の建築の用に供する目的で行われる
3,000平方メートルの開発行為

 

解答 開発許可不要。「駅舎その他の鉄道の施設、
図書館、公民館、変電所その他これらに類する
公益上必要な建築物のうち開発区域及びその周辺
の地域における適正かつ合理的な土地利用及び
環境の保全を図る上で支障がないものとして政令
で定める建築物の建築の用に供する目的で行う
開発行為」については開発行為の許可は
不要である。

 

イ 準都市計画区域において、医療法に規定する
病院の建築の用に供する目的で行われる
4,000平方メートルの開発行為

 

解答 開発許可必要。準都市計画区域において、
3,000平方メートル以上の開発行為をする場合には、
開発行為の許可が必要となる。

 

ウ 市街化区域内において、農業を営む者の居住
の用に供する建築物の建築の用に供する目的で
行われる1,500平方メートルの開発行為

 

解答 開発許可必要。「市街化調整区域、
区域区分が定められていない都市計画区域又は
準都市計画区域内において行う開発行為で、農業、
林業若しくは漁業の用に供する政令で定める
建築物又はこれらの業務を営む者の居住の用に
供する建築物の建築の用に供する目的で行うもの」
は開発許可不要とされるが、本肢のケースは
市街化区域内の話である。
また、1,000平方メートル以上なので小規模開発の
例外にも該当しない。
よって本肢の場合、開発許可は必要である。

 

1 ア、イ

2 ア、ウ

3 イ、ウ

4 ア、イ、ウ