独立行政法人住宅金融支援機構(以下この
問において「機構」という。)に関する次の
記述のうち、誤っているのはどれか。

 

1 機構は、バリアフリー性、
省エネルギー性、耐震性、耐久性・可変性
に優れた住宅において、
優良住宅取得支援制度を設けている。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 機構は、証券化支援事業(保証型)に
おいて、高齢者が自ら居住する住宅に
対してバリアフリー工事又は耐震改修工事
を行う場合に、債務者本人の死亡時に
一括して借入金の元金を返済する制度を
設けている。

 

解答×証券化支援事業には保証型と買取型
があるが、そのうち債務者本人の死亡時に
一括して借入金の元金を返済する制度の
適用があるのは買取型だけであり、保証型
には適用がない。

 

3 機構は、証券化支援事業(買取型)
において、民間金融機関が貸付ける
長期・固定金利の住宅ローン債権を買取り
の対象としている。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 機構は、経済情勢の著しい変動に伴い、
住宅ローンの元利金の支払いが著しく困難
となった場合に、償還期間の延長等の
貸付条件の変更を行っている。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法