宅地建物取引業者A社(甲県知事免許)が
マンション(100戸)を分譲する場合に
おける次の記述のうち、宅地建物取引業法
(以下この問において「法」という。)の
規定によれば、正しいものはいくつあるか。

 

ア A社が宅地建物取引業者B社に
マンションの販売代理を一括して依頼する
場合、B社が設置する案内所について、A社
は法第50条第2項の規定に基づく業務を
行う場所の届出を行わなければならない。

 

解答×B社が設置する案内所なのだから、
B社が法第50 条第2項の規定に基づく業務
を行う場所の届出を行えばよく、A社が届出
を行う必要はない。

 

イ A社は、売買契約の締結をせず、契約の
申込みの受付も行わない案内所を設置する
場合、 法第50場第1項に規定する標識
を掲示する必要はない。

 

解答×売買契約の締結をせず、契約の
申込みの受付も行わない案内所を設置する
場合でも、 法第50場第1項に規定する
標識を掲示する必要がある。

 

ウ A社がマンションの分譲のために
案内所を乙県に設置する場合には、業務を
開始する日の10日前までに、乙県知事に
法第50条第2項の規定に基づく業務を
行う場所の届出を行わなければならない。

 

解答○A社がマンションの分譲のために
案内所を乙県に設置する場合には、業務を
開始する日の10日前までに、免許権者で
ある甲県知事及び案内所所在地の乙県知事
に法第50条第2項の規定に基づく業務を
行う場所の届出を行わなければならない。

 

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 なし

 

正解は1

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら