宅地建物引業者が行う宅地建物取引業法
第35条に規定する重要事項の説明に関する
次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 建物の貸借の媒介を行う場合、
借賃以外に授受される金銭の額については
説明しなければならないが、当該金銭の
授受の目的については説明する必要はない。

 

解答×建物の貸借の媒介を行う場合、
借賃以外に授受される金銭の額及び
当該金銭の授受の目的について
説明しなければならない。

 

2 昭和60年10月1日に新築の工事に着手し、
完成した建物の売買の媒介を行う場合、
当該建物が指定確認検査機関による
耐震診断を受けたものであっても、
その内容は説明する必要はない。

 

解答○昭和56年6月1日以降に新築の工事に
着手し、完成した建物の売買の媒介を行う
場合、当該建物が指定確認検査機関による
耐震診断を受けたものであっても、
その内容は説明する必要はない。

 

3 建物の売買の媒介を行う場合、
当該建物が宅地造成等規制法の規定により
指定された造成宅地防災区域内にあるとき
は、その旨を説明しなければならないが、
当該建物の貸借の媒介を行う場合
においては、説明する必要はない。

 

解答×建物の売買の媒介を行う場合、
当該建物が宅地造成等規制法の規定により
指定された造成宅地防災区域内にあるとき
は、その旨を説明しなければならない。
当該建物の貸借の媒介を行う場合に
おいても、説明する必要がある。

 

4 自ら売主となって建物の売買契約を
締結する場合、買主が宅地建物取引業者
でないときは、当該建物の引渡時期を
説明する必要がある。

 

解答×建物の引渡時期は重要事項説明の
内容ではない。
なお、買主が宅地建物取引業者であるか
ないかで重要事項説明の内容が変わる
ことはない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら