共有に関する次の記述のうち、民法の規定
及び判例によれば、誤っているものはどれか。

 

1 各共有者は、いつでも共有物の分割を
請求することができるが、5年を超えない
期間内であれば、分割をしない旨の契約を
することができる。

 

解答○各共有者は、いつでも共有物の分割を
請求することができる。
ただし、五年を超えない期間内は分割を
しない旨の契約をすることを妨げない。

 

2 共有物である現物の分割請求が裁判所に
なされた場合において、分割によってその
価格を著しく減少させるおそれがあるときは、
裁判所は共有物の競売を命じることができる。

 

解答○共有物の分割が裁判所に請求された
場合において、共有物の現物を分割する
ことができないとき、又は分割によって
その価格を著しく減少させるおそれがある
ときは、裁判所は、その競売を命ずること
ができる。

 

3 各共有者は、共有物の不法占拠者に対し、
妨害排除の請求を単独で行うことができる。

 

解答○共有物の不法占拠者に対する妨害排除
の請求は保存行為である。
そして保存行為は各共有者が単独ですること
ができる。

 

4 他の共有者との協議に基づかないで、
自己の持分に基づいて1人で現に共有物全部
を占有する共有者に対し、他の共有者は単独
で自己に対する共有物の明渡しを請求する
ことができる。

 

解答×他の共有者との協議に基づかないで、
自己の持分に基づいて1人で現に共有物全部
を占有する共有者に対し、他の共有者は当然
に共有物の明渡しを請求することはできない。
ただし、自己の持分割合に応じて占有部分に
係る賃料相当額の不当利得金ないし
損害賠償金の支払を請求することができる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら