取引主任者の登録に関する次の記述のうち、
宅地建物取引業法の規定によれば、正しい
ものはどれか。

 

1 不正の手段により免許を受けたとして
その免許の取消しを受けた法人において
役員ではない従業者であった者は、当該
免許取消しの日から5年を経過しなければ、
登録を受けることができない。

 

解答×不正の手段により免許を受けた
としてその免許の取消しを受けた法人に
おいて役員であった者は、当該免許取消し
の日から5年を経過しなければ、登録を
受けることができない。
役員ではない従業者であった者は、登録を
受けることができる。

 

2 取引主任者が、刑法第204条の傷害罪に
より罰金の刑に処せられ、登録が消除
された場合は、当該登録が消除された日
から5年を経過するまでは、新たな登録を
受けることができない。

 

解答×取引主任者が、刑法第204条の傷害罪
により罰金の刑に処せられ、登録が消除
された場合は、その刑の執行を終わり、又は
執行を受けることがなくなった日から5年を
経過するまでは、新たな登録を受けることが
できない。

 

3 宅地建物取引業者(甲県知事免許)に
勤務する取引主任者(甲県知事登録)が、
乙県に
住所を変更するとともに宅地建物取引業者
(乙県知事免許)に勤務先を変更した
場合は、乙県知事に登録の移転の申請を
しなければならない。

 

解答×登録の移転の申請は、
「することができる」に過ぎない。
なお、住所を変更しているので変更の登録は
申請する必要がある。

 

4 宅地建物取引業者(甲県知事免許)に
勤務する取引主任者(甲県知事登録)が、
乙県知事に登録の移転の申請をするとともに
宅地建物取引主任者証の交付の申請をした
場合は、乙県知事は、登録後、移転申請前の
宅地建物取引主任者証の有効期間が経過する
までの期間を有効期間とする
宅地建物取引主任者証を交付しなければ
ならない。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら