農地法(以下この問において「法」と
いう。)に関する次の記述のうち、正しい
ものはどれか。

 

1 相続により農地を取得する場合は、
法第3条第1項の許可を要しないが、遺産の
分割により農地を取得する場合は、同項の
許可を受ける必要がある。

 

解答×相続により農地を取得する場合、
遺産の分割により農地を取得する場合
ともに農地法3条1項の許可は不要である。
この場合、権利を取得した者は、農地又は
採草放牧地の存する市町村の農業委員会に
その旨を届け出なければならない。

 

2 競売により市街化調整区域内にある
農地を取得する場合は、法第3条第1項又は
法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

 

解答×競売により市街化調整区域内にある
農地を取得する場合は、農地法3条1項又は
農地法5条1項の許可を受ける必要がある。

 

3 農業者が、自らの養畜の事業のための
畜舎を建設する目的で、市街化調整区域内
にある150平方メートルの農地を購入する
場合は、第5条第1項の許可を受ける必要
がある。

 

解答○市街化調整区域内にある農地を
転用目的で購入するのだから
農地法5条1項の許可を受ける必要がある。

 

4 市街化区域内にある農地を取得して
住宅を建設する場合は、工事完了後
遅滞なく農業委員会に届け出れば、
法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

 

解答×市街化区域内にある農地又は
採草放牧地につき、あらかじめ農業委員会
に届け出て、農地及び採草放牧地以外の
ものにするためこれらの権利を取得する
場合、農地法5条1項の許可を受ける必要は
ない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法