Aは、自己所有の甲不動産を3か月以内に、
1,500万円以上で第三者に売却でき、その代金全額
を受領することを停止条件として、Bとの間で
B所有の乙不動産を2,000万円で購入する売買契約
を締結した。条件成就に関する特段の定めは
しなかった。
この場合に関する次の記述のうち、民法の規定に
よれば、正しいものはどれか。

 

1 乙不動産が値上がりしたために、Aに乙不動産
を契約どおり売却したくなくなったBが、甲不動産
の売却を故意に妨げたときは、Aは停止条件が
成就したものとみなしてBにAB間の売買契約の
履行を求めることができる。

 

解答○条件が成就することによって不利益を受ける
当事者が故意にその条件の成就を妨げたときは、
相手方は、その条件が成就したものとみなすことが
できる。

 

2 停止条件付法律行為は、停止条件が成就した時
から効力が生ずるだけで、停止条件の成否が未定
である間は、相続することはできない。

 

解答×条件の成否が未定である間における当事者の
権利義務は、一般の規定に従い、処分し、相続し、
若しくは保存し、又はそのために担保を供する
ことができる。

 

3 停止条件の成否が未定である間に、Bが
乙不動産を第三者に売却し移転登記を行い、Aに
対する売主としての債務を履行不能とした場合でも、
停止条件が成就する前の時点の行為であれば、Bは
Aに対し損害賠償責任を負わない。

 

解答×条件付法律行為の各当事者は、条件の成否が
未定である間は、条件が成就した場合に
その法律行為から生ずべき相手方の利益を害する
ことができない。
本肢のBの行為は相手方の利益を害する行為である
から、停止条件が成就する前の時点の行為であった
としても、Aに対し損害賠償責任を負う。

 

4 停止条件が成就しなかった場合で、かつ、
そのことにつきAの責に帰すべき事由がないとき
でも、AはBに対し売買契約に基づき買主としての
債務不履行責任を負う。

 

解答×Aの責に帰すべき事由がないのなら、
債務不履行責任を負うことはない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら