建築法に関する次の記述のうち、正しい
ものはどれか。

 

1 建築物が防火地域及び準防火地域に
わたる場合、原則として、当該建築物の
全部について防火地域内の建築物に関する
規定が適用される。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 防火地域内においては、3階建て、
延べ面積が200平方メートルの住宅は
耐火建築物又は準耐火建築物としなければ
ならない。

 

解答×防火地域内においては、階数が
3以上であり、又は延べ面積が
100平方メートルを超える建築物は
耐火建築物とし、その他の建築物は
耐火建築物又は準耐火建築物としなければ
ならない。

 

3 防火地域内において建築物の屋上に
看板を設ける場合には、その主要な部分を
難燃材料で造り、又はおおわなければ
ならない。

 

解答×防火地域内にある看板、広告塔、
装飾塔その他これらに類する工作物で、
建築物の屋上に設けるもの又は高さ
三メートルをこえるものは、その主要な部分
を不燃材料で造り、又はおおわなければ
ならない。

 

4 防火地域にある建築物は、外壁が
耐火構造であっても、その外壁を隣地境界線
に接して設けることはできない。

 

解答×防火地域又は準防火地域内にある
建築物で、外壁が耐火構造のものについては、
その外壁を隣地境界線に接して設けることが
できる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら