AがBから甲土地を購入したところ、
甲土地の所有者を名のるCがAに対して
連絡してきた。
この場合における次の記述のうち、民法の
規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

 

1 CもBから甲土地を購入しており、
その売買契約書の日付とBA間の売買契約書
の日付が同じである場合、登記がなくても、
契約締結の時刻が早い方が所有権を主張する
ことができる。

 

解答×不動産に関する物権の得喪及び変更は、
不動産登記法その他の登記に関する法律の
定めるところに従いその登記をしなければ、
第三者に対抗することができない。

 

2 甲土地はCからB、BからAと
売却されており、CB間の売買契約がBの
強迫により締結されたことを理由として
取り消された場合には、BA間の売買契約
締結の時期にかかわらず、Cは登記が
なくてもAに対して所有権を主張することが
できる。

 

解答×BA間の売買契約締結の時期によって
結論が変わる。
Cが契約を取り消す前にBA間の売買契約が
締結されたならCは登記がなくてもAに
対して所有権を主張することができる。
Cが契約を取り消した後にBA間の売買契約
が締結されたならCとAは対抗関係に
なるからCは登記がないとAに対して所有権
を主張することができないことになる。

3 Cが時効により甲土地の所有権を
取得した旨主張している場合、取得時効の
進行中にBA間で売買契約及び
所有権移転登記がなされ、その後に時効が
完成しているときには、Cは登記がなくても
Aに対して所有権を主張することができる。

 

解答○本肢の場合、取得時効完成直前の
所有者はAであり、CにとってAは権利移転
の当事者のような立場にありCとAは
対抗関係にない。
よってCは登記がなくてもAに対して所有権
を主張することができる。

4 Cは債権者の追及を逃れるために
売買契約の実態はないのに登記だけBに移し、
Bがそれに乗じてAとの間で売買契約を締結
した場合には、CB間の売買契約が
存在しない以上、Aは所有権を主張することが
できない。

 

解答×CB間の売買契約は虚偽表示に
基づくものであり、虚偽表示の無効は、
善意の第三者に対抗することができないと
されている。
本肢ではAの善意・悪意は不明であるが、
もし善意であるとすれば「Aは所有権を主張
することができない。」とはいえないことに
なる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法