AがA所有の甲土地の売却に関する代理権を
Bに与えた場合における次の記述のうち、
民法の規定によれば、正しいものはどれか。
なお、表見代理は成立しないものとする。

 

1 Aが死亡した後であっても、BがAの死亡
を知らず、かつ、知らないことにつき過失が
ない場合には、BはAの代理人として有効に
甲土地を売却することができる。

 

解答×本人の死亡は代理権の消滅事由である。

 

2 Bが死亡しても、Bの相続人はAの代理人
として有効に甲土地を売却することができる。

 

解答×代理人の死亡は代理権の消滅事由である。
代理人たる地位が相続されることはない。

 

3 18歳であるBがAの代理人として
甲土地をCに売却した後で、Bが18歳で
あることをCが知った場合には、CはBが
未成年者であることを理由に売買契約を
取り消すことができる。

 

解答×「代理人は、行為能力者であることを
要しない。」とされる。
したがって本人と代理人は代理人が行為能力
がないことを理由に契約を取り消すことは
できないし、まして契約の相手方も契約を
取り消すことはできない。

 

4 Bが売主Aの代理人であると同時に
買主Dの代理人としてAD間で売買契約を
締結しても、あらかじめ、A及びDの承諾を
受けていれば、この売買契約は有効である。

 

解答○双方代理によって成立した契約も、
あらかじめ本人が承諾していれば有効で
ある。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法