建物の区分所有等に関する法律に関する次の
記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 専有部分が数人の共有に属するときは、
規約で別段の定めをすることにより、共有者
は議決権を行使すべき者を2人まで定める
ことが出きる。

 

解答×「専有部分が数人の共有に属する
ときは、共有者は、議決権を行使すべき者
1人を定めなければならない。」とされて
いる。
規約で別段の定めをすることもできない。

 

2 規約及び集会の決議は、区分所有者の
特定承継人に対しては、その効力を生じない。

 

解答×「規約及び集会の決議は、区分所有者
の特定承継人に対しても、その効力を
生ずる。」とされる。

3 敷地利用権が数人で有する所有権その他
の権利である場合には、区分所有者は、規約
で別段の定めがあるときを除き、その有する
専有部分とその専有部分に係る敷地利用権
とを分離して処分することができる。

 

解答×「敷地利用権が数人で有する所有権
その他の権利である場合には、区分所有者は、
その有する専有部分とその専有部分に係る
敷地利用権とを分離して処分することが
できない。
ただし、規約に別段の定めがあるときは、
この限りでない。」とされる。
つまり、原則と例外が逆転している。

4 集会において、管理者の選任を行う場合、
規約に別段の定めがない限り、区分所有者
及び議決権の各過半数で決する。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法