Aは、生活の面倒をみてくれている
甥 (おい) のBに、自分が居住している
甲建物を贈与しようと考えている。
この場合に関する次の記述のうち、民法の
規定によれば、正しいものはどれか。

 

1 AからBに対する無償かつ負担なしの
甲建物の贈与契約が、書面によって
なされた場合、Aはその履行前であれば
贈与を撤回することができる。

 

解答×
書面による贈与は履行前であっても撤回
することはできない。

 

2 AからBに対する無償かつ負担なしの
甲建物の贈与契約が、書面によらないで
なされた場合、Aが履行するのは自由で
あるが、その贈与契約は法的な効力を
生じない。

 

解答×
贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償
で相手方に与える意思を表示し、相手方が
受諾をすることによって、その効力を
生ずる。
つまり、書面によらなくても贈与契約は
有効なのである。
ただ「書面によらない贈与は、履行が
なされるまでは各当事者が撤回することが
できる」だけである。

 

3 Aが、Bに対し、Aの生活の面倒を
みることという負担を課して、甲建物を
書面によって贈与した場合、甲建物の
瑕疵 (かし) については、Aはその負担の
限度において、売主と同じく担保責任を
負う。

 

解答○
負担付贈与については、贈与者は、その
負担の限度において、売主と同じく担保の
責任を負う。

 

4 Aが、Bに対し、Aの生活の面倒を
みることという負担を課して、甲建物を
書面によって贈与した場合、Bがその負担
をその本旨に従って履行しないときでも、
Aはその贈与契約を解除することは
できない。

 

解答×
負担付贈与については、その性質に
反しない限り、双務契約に関する規定を
準用する。
つまり債務不履行による解除も可能である。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら