建物の構造に関する次の記述のうち、不適当な
ものはどれか。

 

1 鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆
しなくても耐火構造にすることができる。

 

解答×
耐火被覆しなければ耐火構造にならない。
鉄なので火には当然弱い。

 

2 鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が
大きく骨組形態を自由にできる。

 

解答○
本肢のとおり。

3 鉄骨鉄筋コンクリート構造は、
鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、
じん性があり高層建築物に用いられる。

 

解答○
本肢のとおり。
じん性とは粘り強さの程度。じん性があると
衝撃破壊を起こしにくい。

 

4 集成木材構造は、集成木材で骨組を
構成した構造で体育館等に用いられる。

 

解答○
集成木材とは、断面寸法の小さい木材を接着剤
ではり合わせて作られる木質材料のこと。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法