宅地建物取引業者Aが自ら売主として、
B所有の宅地 (以下この問において
「甲宅地」という。) を、
宅地建物取引業者でない買主Cに売却する
場合における次の記述のうち、
宅地建物取引業法の規定によれば、誤って
いるものの組合せはどれか。

 

ア Aは、甲宅地の造成工事の完了後で
あれば、Bから甲宅地を取得する契約の
有無にかかわらず、Cとの間で売買契約を
締結することができる。

 

解答×
宅地建物取引業者は、自己の所有に
属しない宅地又は建物について、権利を
取得する契約を締結していない限り自ら
売主となる売買契約(予約を含む。)を
締結してはならない。

イ Aは、Bから甲宅地を取得する契約が
締結されているときであっても、その取得
する契約に係る代金の一部を支払う前で
あれば、Cとの間で売買契約を締結する
ことができない。

 

解答×
宅地建物取引業者は、自己の所有に
属しない宅地又は建物について、権利を
取得する契約を締結していればその取得
する契約に係る代金の一部を支払う前でも
自ら売主となる売買契約(予約を含む。)
を締結することができる。

ウ Aは、甲宅地の売買が
宅地建物取引業法第41条第1項に規定
する手付金等の保全措置が必要な売買に
該当するとき、Cから受け取る手付金に
ついて当該保全措置を講じておけば、
Cとの間で売買契約を締結することが
できる。

 

解答○
本肢のとおり。

 

1 ア、イ

2 ア、ウ

3 イ、ウ

4 ア、イ、ウ

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら