印紙税に係る次の記述のうち、正しい
ものはどれか。

 

1 「平成21年10月1日付建設工事
請負契約書の契約金額3,000万円を
5,000万円に増額する」 旨を記載
した変更契約書は、
記載金額2,000万円の建設工事の
請負に関する契約書として印紙税が
課される。

 

解答○
本肢のとおり。

 

2 「時価3,000万円の土地を無償
で譲渡する」旨を記載した贈与契約書は、
記載金額3,000万円の不動産の譲渡
に関する契約書として印紙税が課される。

 

解答×
不動産の贈与契約書は評価額の記載が
あっても記載金額がない契約書である。

 

3 土地の売却の代理を行ったA社が
「A社は、売主Bの代理人として、土地
代金5,000万円を受領した」旨を
記載した領収書を作成した場合、
当該領収書は、売主Bを納税義務者
として印紙税が課される。

 

解答×
「課税文書」の作成者は、その作成した
課税文書につき、印紙税を納める義務が
ある。
代理人が領収書を作成した場合、代理人
が納税義務者となる。

 

4 印紙をはり付けることにより印紙税
を納付すべき契約書について、印紙税を
納付せず、その事実が税務調査により
判明した場合には、納付しなかった
印紙税額と同額に相当する過滞税が徴収
される。

 

解答×
印紙税を納付すべき課税文書の作成者が
納付すべき印紙税を当該課税文書の作成
の時までに納付しなかった場合には、
当該印紙税の納税地の所轄税務署長は、
当該課税文書の作成者から、当該納付
しなかつた印紙税の額とその2倍に相当
する金額との合計額に相当する過怠税を
徴収する。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら