農地法 (以下この問において「法」と
いう。) に関する次の記述のうち、
正しいものはどれか。

 

1 土地区画整理法に基づく
土地区画整理事業により道路を建設
するために、農地を転用しようとする者
は、法第4条第1項の許可を
受けなければならない。

 

解答×
土地区画整理法に基づく
土地区画整理事業による土地区画整理の
施行により道路、公園等公共施設を建設
するため、又はその建設に伴い転用
される宅地の代地として農地を農地以外
のものにする場合、農地法4条1項の許可
は不要である。

 

2 農業者が住宅の改築に必要な資金を
銀行から借りるため、自己所有の農地に
抵当権を設定する場合には、法第3条
第1項の許可を受けなければならない。

 

解答×
農地又は採草放牧地について所有権を
移転し、又は地上権、永小作権、質権、
使用貸借による権利、賃借権若しくは
その他の使用及び収益を目的とする権利
を設定し、若しくは移転する場合には、
政令で定めるところにより、当事者が
農業委員会の許可(これらの権利を取得
する者(政令で定める者を除く。)が
その住所のある市町村の区域の外にある
農地又は採草放牧地について権利を取得
する場合その他政令で定める場合には、
都道府県知事の許可)を受けなければ
ならない。
抵当権の設定は3条の権利移動には
含まれない。
よって許可は不要である。

 

3 市街化区域内において
2ha (ヘクタール) の農地を住宅建設
のために取得する者は、法第5条第1項
の都道府県知事の許可を受けなければ
ならない。

 

解答×
市街化区域内にある農地又は採草放牧地
につき、あらかじめ農業委員会に届け出て、
農地及び採草放牧地以外のものにするため
これらの権利を取得する場合、法第5条
第1項の都道府県知事の許可を受ける
必要はない。

 

4 都道府県知事は、法第5条第1項の
許可を要する農地取得について、その許可
を受けずに農地の転用を行った者に対して、
必要な限度において原状回復を命ずること
ができる。

 

解答○
農林水産大臣又は都道府県知事は、
法第5条第1項の許可を要する農地取得に
ついて、その許可を受けずに農地を取得し、
転用を行った者にに対して、相当の期限を
定めて原状回復その他違反を是正するため
必要な措置を講ずべきことを命ずることが
できる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法