都市計画法に関する次の記述のうち、
誤っているものはどれか。
なお、この問における都道府県知事とは、
地方自治法に基づく指定都市、中核市、
特例市にあってはその長をいうものと
する。

 

1 区域区分の定められていない
都市計画区域内の土地において、
10,000平方メートルの
ゴルフコースの建設を目的とする土地の
区画形質の変更を行おうとする者は、
あらかじめ、都道府県知事の許可を
受けなければならない。

 

解答○
区域区分の定められていない
都市計画区域内の土地において、
3,000平方メートルのゴルフコース
の建設を目的とする土地の区画形質の
変更を行おうとする者は、あらかじめ、
都道府県知事の許可を受けなければ
ならない。

2 市街化区域内の土地において、
700平方メートルの開発行為を行おう
とする場合に、都道府県知事の許可が
必要となる場合がある。

 

解答○
三大都市圏の一定の区域等では
500平方メートル以上で都道府県知事
の許可が必要となる。

3 開発許可を受けた開発行為又は
開発行為に関する工事により、公共施設
が設置されたときは、その公共施設は
協議により他の法律に基づく管理者が
管理することとした場合を除き、
開発許可を受けた者が管理することと
されている。

 

解答×
開発許可を受けた開発行為又は開発行為
に関する工事により公共施設が
設置されたときは、その公共施設は、
工事が完了した旨の公告の日の翌日に
おいて、その公共施設の存する市町村の
管理に属するものとする。

 

4 用途地域等の定めがない土地のうち
開発許可を受けた開発区域内においては、
開発行為に関する工事完了の公告が
あった場合は、都道府県知事の許可を
受ければ、当該開発許可に係る
予定建築物以外の建築物を新築すること
ができる。

 

解答○
何人も、開発許可を受けた開発区域内に
おいては、工事完了の公告があつた後は、
当該開発許可に係る予定建築物等以外の
建築物又は特定工作物を新築し、又は
新設してはならず、また、建築物を
改築し、又はその用途を変更して
当該開発許可に係る予定の建築物以外の
建築物としてはならない。
ただし、都道府県知事が当該開発区域に
おける利便の増進上若しくは開発区域
及びその周辺の地域における環境の
保全上支障がないと認めて許可した
ときは、この限りでない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら