Aを売主、Bを買主として甲土地の売買
契約を締結した場合における次の記述の
うち、民法の規定及び判例によれば、
正しいものはどれか。

 

1 A所有の甲土地にAが気付かなかった
瑕疵 (かし) があり、その瑕疵については、
Bも瑕疵であることに気づいておらず、
かつ、気付かなかったことにつき過失が
ないような場合には、Aは瑕疵担保責任を
負う必要はない。

 

解答×
売主は瑕疵の存在を知らない場合にも
瑕疵担保責任を負う。

2 BがAに解約手付を交付している場合、
Aが契約の履行に着手していない場合で
あっても、Bが自ら履行に着手していれば、
Bは手付を放棄して売買契約を解除する
ことができない。

 

解答×
自ら履行に着手していても相手方が履行に
着手していなければ手付解除は可能である。

 

3 甲土地がAの所有地ではなく、他人の
所有地であった場合には、AB間の売買
契約は無効である。

 

解答×
他人物売買契約として有効である。

 

4 A所有の甲土地に抵当権の登記があり、
Bが当該土地の抵当権消滅請求をした場合
には、Bは当該請求の手続が終わるまで、
Aに対して売買代金の支払を拒むことが
できる。

 

解答○
買い受けた不動産について抵当権の登記が
あるときは、買主は、抵当権消滅請求の
手続が終わるまで、その代金の支払を拒む
ことができる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら