民法第95条本文は、「意思表示は、法律行為の要素に
錯誤があったときは、無効とする。」 と定めている。
これに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に
よれば、誤っているものはどれか。

 

1 意思表示をなすに当たり、表意者に重大な過失が
あったときは、表意者は、自らその無効を主張する
ことができない。

 

解答○
本肢のとおり。

 

2 表意者自身において、その意思表示に瑕疵(かし)を
認めず、民法第95条に基づく意思表示の無効を主張
する意思がない場合は、第三者がその意思表示の無効を
主張することはできない。

 

解答
解答○
本肢のとおり。

 

3 意思表示をなすについての動機は、表意者が
当該意思表示の内容とし、かつ、その旨を相手方に
明示的に表示した場合は、法律行為の要素となる。

 

解答○
意思表示をなすについての動機は、表意者が
当該意思表示の内容とし、かつ、その旨を相手方に
明示的又は黙示的に表示した場合は、法律行為の要素
となる。

 

4 意思表示をなすについての動機は、表意者が
当該意思表示の内容としたが、その旨を相手方に
黙示的に表示したにとどまる場合は、法律行為の要素
とならない。

 

解答×
意思表示をなすについての動機は、表意者が
当該意思表示の内容とし、かつ、その旨を相手方に
明示的又は黙示的に表示した場合は、法律行為の要素
となる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法