弁済に関する次の1から4までの記述のうち、判決文
及び民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

 

(判決文)

借地上の建物の賃借人はその敷地の地代の弁済に
ついて法律上の利害関係を有すると解するのが
相当である。
思うに、建物賃借人と土地賃貸人との間には直接の
契約関係はないが、土地賃借権が消滅するときは、
建物賃借人は土地賃貸人に対して、賃借建物から
退去して土地を明け渡すべき義務を負う法律関係に
あり、建物賃借人は、敷地の地代を弁済し、敷地の
賃借権が消滅することを防止することに法律上の
利益を有するものと解されるからである。

 

1 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の
建物の賃借人は、借地人の意思に反しても、地代を
弁済することができる。

 

解答○判例は借地上の建物の賃借人は法律上の
利害関係人と認めているのだから借地人の意思に
反しても地代を弁済することができることになる。

 

2 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の
建物の賃借人が土地賃貸人に対して地代を支払おう
としても土地賃貸人がこれを受け取らないときは、
当該賃借人は地代を供託することができる。

 

解答○弁済に際して債権者が受領しないときは
債務者はこれを供託をすることができます。
これは弁済を行うのが法律上の利害関係人である
場合も同様です。

 

3 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の
建物の賃借人は、土地賃貸人の意思に反しても、
地代について 金銭以外のもので代物弁済すること
ができる。

 

解答×代物弁済は本来の債務にかえて行うものです
から債権者の意思に反してはできません。
したがって土地賃貸人の意思に反する場合には
代物弁済を行うことはできません。
これは弁済を行うのが法律上の利害関係人である場合
も同様です。

 

4 借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の
建物の賃借人が土地賃貸人に対して地代を弁済すれば、
土地賃貸 人は借地人の地代の不払を理由として
借地契約を解除することはできない。

 

解答○法律上の利害関係人からの弁済であっても
地代債務は消滅します。
地代債務が消滅している以上、土地賃貸人は借地人の
地代の不払を理由として借地契約を解除することは
当然できません。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法