注意義務に関する次の記述のうち、民法の規定に
よれば、誤っているものはどれか。

 

1 ある物を借り受けた者は、無償で借り受けた場合
も、賃料を支払う約束で借り受けた場合も、
善良な管理者の注意をもってその物を
保存しなければならない。

 

解答○使用貸借を受けた者も賃貸借を受けた者も
その物の保存にあたっては善管注意義務を負います。

 

2 委託の受任者は、報酬を受けて受任する場合も、
無報酬で受任する場合も、善良な管理者の注意を
もって委任事務を処理する義務を負う。

 

解答○受任者は有償無償にかかわらず善管注意義務を
負います。

 

3 商人ではない受寄者は、報酬を受けて寄託を
受ける場合も、無報酬で寄託を受ける場合も、自己の
財産と同一の注意をもって寄託物を保管する義務を
負う。

 

解答×民法上の受寄者の注意義務は有償、無償で
異なってきます。
有償であれば善管注意義務を、無償であれば自己の
財産に対するのと同一の注意義務を課せられます。

 

4 相続人は、相続放棄前はもちろん、相続放棄を
した場合も、放棄によって相続人となった者が管理を
始めるまでは、固有財産におけると同一の注意を
もって相続財産を管理しなければならない。

 

解答○正しい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法