AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して
1,000万円を借り入れる場合と、DからEが
1,000万円を借り入れFがその借入金返済債務
についてEと連帯して保証する場合とに関する次の
記述のうち、民法の規定によれば、正しいものは
どれか。

 

1 Aが、Bに対して債務を免除した場合にはCが、
Cに対して債務を免除した場合にはBが、それぞれ
500万円分の債務を免れる。
Dが、Eに対して債務を免除した場合にはFが、
Fに対して債務を免除した場合にはEが、それぞれ
全額の債務を免れる。

 

解答× 連帯債務については正しい。連帯保証に
ついて前半は正しく、後半は誤り。
連帯保証人の債務について免除があったとしても
主たる債務者が債務を免れることはできない。

 

2 Aが、Bに対して履行を請求した効果はCに
及び、Cに対して履行を請求した効果はBに及ぶ。
Dが、Eに対して履行を請求した効果はFに及び、
Fに対して履行を請求した効果はEに及ぶ。

 

解答○ 正しい。履行の請求は連帯保証人に対して
なされた場合にも主たる債務者にもその効力が及ぶ。

 

3 Bについて時効が完成した場合にはCが、Cに
ついて時効が完成した場合にはBが、それぞれ
500万円分の債務を免れる。
Eについて時効が完成した場合にはFが、
Fについて時効が完成した場合にはEが、それぞれ
全額の債務を免れる。

 

解答× 連帯債務については正しい。
連帯保証については前半は正しく、後半は誤り。
連帯保証債務について消滅時効が完成しても主たる
債務は消滅しない。

 

4 AB間の契約が無効であった場合にはCが、
AC間の契約が無効であった場合にはBが、
それぞれ1,000万円の債務を負う。
DE間の契約が無効であった場合はFが、DF間の
契約が無効であった場合はEが、それぞれ
1,000万円の債務を負う。

 

解答× 連帯債務については正しい。連帯保証に
ついては前半が誤り。
契約が無効で主たる債務が存在しないことになれば
連帯保証債務も付従性により消滅する。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法