土地の形質に関する次の記述のうち、誤っているもの
はどれか。

 

1 地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることが
でき、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に
緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になる
のが特徴的である。

 

解答○本肢のとおり。

 

3 等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている
部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している
部分は谷である。

 

解答×等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いて
いる部分は谷で、山頂から見て等高線が張り出して
いる部分は尾根である。

 

4 等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫
により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高く
なる。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら