次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、
正しいものはどれか。

 

1 宅地建物取引業者は、販売予定の戸建住宅の
展示会を実施する際、会場で売買契約の締結や
売買契約の申込みの受付を行わない場合であっても、
当該会場内の公衆の見やすい場所に国土交通省令で
定める標識を掲示しなければならない。

 

解答○売買契約の申込みの受付を行わない場合で
あっても、標識を掲示しなければならない。

 

2 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、
その業務に関する帳簿を備え、取引の関係者から
請求があったときは、閲覧に供しなければならない。

 

解答×帳簿については取引の関係者から請求が
あっても閲覧に供する必要はない。

 

3 宅地建物取引業者は、主たる事務所には、
設置しているすべての事務所の従業者名簿を、
従たる事務所には、その事務所の従業者名簿を
備えなければならない。

 

解答×宅建業法48条3項によると「宅地建物取引業者は、
国土交通省令で定めるところにより、
その事務所ごとに、従業者名簿を備え、従業者の氏名、
住所、第1項の証明書の番号その他国土交通省令で
定める事項を記載しなければならない。」
とされる。
「事務所ごと」なので主たる事務所でも主たる事務所
の従業者名簿だけをを備えればよい。

 

4 宅地建物取引業者は、その業務に従事させる者に、
従業者証明書を携帯させなければならないが、その者
が非常勤の役員や単に一時的に事務の補助をする者で
ある場合には携帯をさせなくてもよい。

 

解答×非常勤の役員や単に一時的に事務の補助を
する者である場合でも従業者証明書を
携帯させなければならない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら