宅地建物取引業者Aが、自ら売主となり、
宅地建物取引業者でない買主との間で締結した宅地
の売買契約について買主が宅地建物取引業法
第37条の2の規定に基づき、いわゆる
クーリング・オフによる契約の解除をする場合に
関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 買主Bは自らの希望により勤務先で売買契約に
関する説明を受けて買受けの申込みをし、その際に
Aからクーリング・オフについて何も告げられずに
契約を締結した。
この場合、Bは、当該契約の締結の日から8日を
経過するまでは、契約の解除をすることができる。

 

解答×「買主Bは自らの希望により勤務先で
売買契約に関する説明を受けて買受けの申込み」を
しているのでクーリング・オフはできない。

 

2 買主Cは喫茶店において買受けの申込みをし、
その際にAからクーリング・オフについて何も
告げられずに契約を締結した。
この場合、Cは、当該契約の締結をした日の
10日後においては、契約の解除をすることが
できない。

 

解答×宅建業法37条の2第1項によると「買受けの
申込みをした者又は買主(以下この条において
「申込者等」という。)が、国土交通省令の定める
ところにより、申込みの撤回等を行うことができる
旨及びその申込みの撤回等を行う場合の方法に
ついて告げられた場合において、その告げられた日
から起算しで8日を経過したとき。」は
クーリング・オフができなくなる。
本肢では「クーリング・オフについて何も
告げられずに契約を締結」しているので当該契約の
締結をした日の10日後においても契約の解除を
することができる。

 

3 買主Dはレストランにおいて買受けの申込みを
し、その際にAからクーリング・オフについて書面
で告げられ、契約を締結した。
この場合、Dは、当該契約の締結をした日の5日後
においては、書面を発しなくても契約の解除を
することができる。

 

解答×買受けの申込みの撤回又は売買契約の解除は
書面で行うことが必要である。

 

4 買主Eはホテルのロビーにおいて買受けの
申込みをし、その際にAからクーリング・オフに
ついて書面で告げられ契約を締結した。
この場合、Eは、当該宅地の代金の80%を
支払っていたが、当該契約の締結の日から8日を
経過するまでは、契約の解除をすることが
できる。

 

解答○「申込者等が、当該宅地又は建物の引渡しを
受け、かつ、その代金の全部を支払つたとき。」は
8日を経過する前でもクーリング・オフはできなく
なるとされる。
本肢のEは、当該宅地の代金の80%しか支払って
いないので契約の締結の日から8日を経過する
までは、契約の解除をすることができる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら