宅地建物取引業者Aが、Bから自己所有の宅地の
売却の媒介を依頼された場合における当該媒介に
係る契約に関する次の記述のうち、
宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものは
いくつあるか。

 

ア Aが、Bとの間に一般媒介契約
(専任媒介契約でない媒介契約) を締結したとき
は、当該宅地に関する所定の事項を必ずしも
指定流通機構へ登録しなくてもよいため、
当該媒介契約の内容を記載した書面に、
指定流通機構への登録に関する事項を記載する
必要はない。

 

解答×前段は正しい。
しかし、一般媒介契約であっても当該媒介契約の
内容を記載した書面に、指定流通機構への登録に
関する事項を記載する必要がある。
よって後段は誤り。

 

イ Aが、Bとの間に専任媒介契約を締結し、
当該宅地に関する所定の事項を指定流通機構に
登録したときは、Aは、遅滞なく、その旨を記載
した書面を作成してBに交付しなければならない。

 

解答×専任媒介契約を締結し、当該宅地に関する
所定の事項を指定流通機構に登録したときは、
宅建業者は、遅滞なく、指定流通機構が発行する
登録を証する書面を依頼者に交付しなければ
ならない。

 

ウ Aが、Bとの間に専任媒介契約を締結し、
売買契約を成立させたときは、Aは、遅滞なく、
当該宅地の所在、取引価格売買契約の成立した
年月日を指定流通機構に通知しなければ
ならない。

 

解答×専任媒介契約を締結し、売買契約を成立
させたときは、宅建業者は、遅滞なく、登録番号、
取引価格売買契約の成立した年月日を
指定流通機構に通知しなければならない。
当該宅地の所在でなく、登録番号である。

 

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 なし

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法