AがBの代理人としてB所有の甲土地について
売買契約を締結した場合に関する次の記述の
うち、民法の規定及び判例によれば、正しい
ものはどれか。

 

1 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから
書面で与えられている場合、A自らが買主と
なって売買契約を締結したときは、Aは甲土地
の所有権を当然に取得する。

 

解答 ×本肢の事案は禁止されている
自己代理契約であり無権代理となります。
よってAは甲土地の所有権を当然には取得
しません。

 

2 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから
書面で与えられている場合、AがCの代理人と
なってBC間の売買契約を締結したときはCは
甲土地の所有権を当然に取得する。

 

解答 ×本肢は双方代理に該当しますので
無権代理となります。
よってCは甲土地の所有権を当然には取得
しません。

 

3 Aが無権代理人であってDとの間で
売買契約を締結した後に、Bの死亡によりAが
単独でBを相続した場合、Dは甲土地の所有権
を当然に取得する。

 

解答 ○無権代理人が本人を単独で相続すると
契約は当然に有効となります。
自ら無権代行為を行った者が本人を単独相続
した場合に追認を拒絶することは信義誠実の
原則に反し許されるべきでないからです。
よってDは甲土地の所有権を当然に取得します。

 

4 Aが無権代理人であってEとの間で
売買契約を締結した後に、Aの死亡によりBが
単独でAを相続した場合、Eは甲土地の所有権
を当然に取得する。

 

解答 ×本人が無権代理人を相続した場合には
追認を拒絶することが認められます。
よってEは甲土地の所有権を当然には取得
しません。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら