地盤の特徴に関する次の記述のうち、誤っている
ものはどれか。

 

1 谷底平野は、周辺が山に囲まれ、小川や水路が
多く、ローム、砂礫等が堆積した良質な地盤であり、
宅地に適している。

 

解答×谷底平野の地質は粘性土で宅地には適さない。
谷底平野とは、河川の堆積作用によって形成される
沖積平野のうち、山間部の谷底に形成されるもの
のこと。

 

2 後背湿地は、自然堤防や砂丘の背後に形成
される軟弱な地盤であり、水田に利用されることが
多く、宅地としての利用は少ない。

 

解答○本肢のとおり。

 

3 三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な
地盤であり、地震時の液状化現象の発生に注意が
必要である。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 旧河道は、沖積平野の蛇行帯に分布する
軟弱な地盤であり、建物の不同沈下が発生
しやすい。

 

解答○本肢のとおり。
旧河道とは、蛇行していた河川を直線に改修した
あとの元々河川だった場所のこと。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法