Aが所有者として登記されている甲土地の売買契約
に関する次の記述のうち民法の規定及び判例に
よれば、正しいものはどれか。

 

1Aと売買契約を締結したBが、平穏かつ公然と
甲土地の占有を始め善意無過失であれば、甲土地が
Aの土地ではなく第三者の土地であったとしても、
Bは即時に所有権を取得することができる。

 

解答×即時取得は動産に関する規定であって不動産
には適用が無い。
不動産の場合、本肢の条件に加え占有が10年間
続けば時効取得することができる。

 

2 Aと売買契約を締結したCが、登記を信頼して
売買契約を行った場合、甲土地がAの土地ではなく
第三者Dの土地であったとしてもDの過失の有無に
かかわらず、Cは所有権を取得することができる。

 

解答×登記には公信力が無い。
したがって土地所有者Dの過失の有無にかかわらず、
Cは所有権を取得することができない。

 

3 Aと売買契約を締結して所有権を取得したEは、
所有権の移転登記を備えていない場合であっても、
正当な権原なく甲土地を占有しているFに対し、
所有権を主張して甲土地の明渡しを請求すること
ができる。

 

解答○正当な権原なく甲土地を占有しているFは
登記がなければ対抗できない第三者に該当しない。
したがってEは、所有権の移転登記を備えていない
場合であってもFに対し、所有権を主張して甲土地
の明渡しを請求することができる。

 

4 Aを所有者とする甲土地につき、AがGとの
間で10月1日に、Hとの間で10月10日に、
それぞれ売買契約を締結した場合、G、H共に登記
を備えていないときには、先に売買契約を締結した
GがHに対して所有権を主張することができる。

 

解答×二重譲渡があった場合の譲受人間の
所有権取得に関する優劣は登記の先後で決せられる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら