第二種低層住居専用地域に指定されている区域内の
土地(以下この問において「区域内の土地」と
いう。)に関する次の記述のうち、建築基準法の
規定によれば、正しいものはどれか。
ただし、特定行政庁の許可については考慮しない
ものとする。

 

1 区域内の土地においては、美容院の用途に
供する部分の床面積の合計が100平方メートル
である2階建ての美容院を建築することが
できない。

 

解答×第二種低層住居専用地域では2階以下かつ
150㎡以下の小規模店舗は建築できる。

 

2 区域内の土地においては、都市計画において
建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から
敷地境界線までの距離の限度を2m又は1.5m
として定めることができる。

 

解答×第二種低層住居専用地域の土地においては、
都市計画において建築物の外壁又はこれに代わる
柱の面から敷地境界線までの距離の限度を
1.5m又は1mとして定めることができる。

 

3 区域内の土地においては、高さが9mを超える
建築物を建築することはできない。

 

解答×第二種低層住居専用地域の土地においては、
10m又は12mのうち都市計画で定められる高さ
を超える建築物を建築することはできない。

 

4 区域内の土地においては、建築物を
建築しようとする際、当該建築物に対する
建築基準法第56条第1項第2号のいわゆる
隣地斜線制限の適用はない。

 

解答○正しい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法