国土利用計画法第23条の届出 (以下この問
において「事後届出」という。) に関する次
の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 宅地建物取引業者であるAとBが、
市街化調整区域内の6,000平方メートルの土地
について、Bを権利取得者とする売買契約を
締結した場合には、Bは事後届出を行う必要
はない。

 

解答×市街化調整区域内で
5,000平方メートル以上の土地について
売買契約を締結する際には事後届出が必要で
ある。

 

2 宅地建物取引業者であるCとDが、
都市計画区域外の2hAの土地について、Dを
権利取得者とする売買契約を締結した場合
には、Dは事後届出を行わなければならない。

 

解答○都市計画区域外で
10,000平方メートル以上の土地について
売買契約を締結する際には事後届出が必要で
ある。

 

3 事後届出が必要な土地売買等の契約に
より権利取得者となった者が事後届出を
行わなかった場合には、都道府県知事から
当該届出を行うよう勧告されるが、罰則の
適用はない。

 

解答×事後届出を行わなかった場合に、
都道府県知事から当該届出を行うよう勧告
されるという定めはない。
また、事後届出が必要な場合に当該届出を
しなかった場合には6月以下の懲役又は
100万円以下の罰金という罰則がある。

 

4 事後届出が必要な土地売買等の契約に
より権利取得者となった者は、その契約の
締結後、 1週間以内であれば市町村長を
経由して、 1週間を超えた場合には直接、
都道府県知事に事後届出を行わなければ
ならない。

 

解答×事後届出が必要な土地売買等の契約
により権利取得者となった者は、
契約締結日から起算して2週間以内に
土地所在地の市町村長を経由して、
都道府県知事に事後届出を行わなければ
ならない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法