建物の区分所有等に関する法律に関する次の
記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1 規約は、管理者が保管しなければならない。
ただし、管理者がないときは、建物を使用して
いる区分所有者又はその代理人で規約又は集会
の決議で定めるものが保管しなければならない。

 

解答○条文どおり。

 

2 最初に建物の専有部分の全部を所有する
者は、公正証書により、建物の共用部分を
定める規約を設定することができる。

 

解答○新築マンションと言えども管理組合が
規約を定めるまで全く規約のない状態が続く
のは困るので最初に建物の専有部分の全部を
所有する者にこのような権能を認めている。
最初に建物の専有部分の全部を所有する者は、
他に建物の敷地についてや分離処分についての
規約を定めることができる。

 

3 規約を保管する者は、利害関係人の請求が
あったときは、正当な理由がある場合を除いて、
規約の閲覧を拒んではならない。

 

解答○条文どおり。

 

4 規約の保管場所は、各区分所有者に通知
するとともに、建物内の見やすい場所に掲示
しなければならない。

 

解答×各区分所有者に通知することは要求
されていない。
建物内の見やすい場所に掲示すればよい。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら