借地借家法第38条の定期建物賃貸借(以下
この問において「定期建物賃貸借」という。)
と同法第40条の一時使用目的の建物の賃貸借
(以下この問において「一時使用賃貸借」と
いう。)に関する次の記述のうち、民法及び
借地借家法の規定によれば正しいものは
どれか。

 

1 定期建物賃貸借契約は書面によって契約を
締結しなければ有効とはならないが、
一時使用賃貸借契約は書面ではなく口頭で契約
しても有効となる。

 

解答○正しい。定期建物賃貸借契約を書面で
締結しない場合、普通借家契約となる。

 

2 定期建物賃貸借契約は契約期間を1年以上
とすることができるが、一時使用賃貸借契約は
契約期間を1年以上とすることができない。

 

解答×定期建物賃貸借契約については期間に
ついての制限はない。
一時使用賃貸借契約については民法上、
契約期間の上限は20年とされる。
したがって定期建物賃貸借契約、
一時使用賃貸借契約双方ともに契約期間を
1年以上とすることができる。

 

3 定期建物賃貸借契約は契約期間中は賃借人
から中途解約を申し入れることはできないが、
一時使用賃貸借契約は契約期間中はいつでも
賃借人から中途解約を申し入れることができる。

 

解答×定期建物賃貸借契約では200㎡未満の
居住用建物についてなされた契約であれば、
一定のやむを得ない事情がある場合には
借家人からの解約申し入れができる。
一時使用賃貸借契約は契約期間の定めがあれば、
その期間中は原則として賃借人から中途解約を
申し入れることができない。

 

4 賃借人が賃借権の登記もなく建物の
引渡しも受けていないうちに建物が売却されて
所有者が変更すると、定期建物賃貸借契約の
借主は賃借権を所有者に主張できないが、
一時使用賃貸借の借主は賃借権を所有者に
主張できる。

 

解答×定期建物賃貸借契約、一時使用賃貸借
いずれの場合でも対抗要件を備えていない以上、
賃借人は新所有者に対して賃借権を主張
できない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら