宅地建物取引業者でも事業者でもないAB間の
不動産売買契約における売主Aの責任に関する次の
記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤って
いるものはどれか。

 

1 売買契約に、隠れた瑕疵(かし)についてのAの
瑕疵担保責任を全部免責する旨の特約が
規定されていても、Aが知りながらBに
告げなかった瑕疵については、Aは瑕疵担保責任を
負わなければならない。

 

解答○売主が瑕疵担保責任を負わないとする特約を
することは可能です。
しかし、そのような特約があったとしても本肢の
ように売主が知っていながら買主に告げなかった
瑕疵についてはなお瑕疵担保責任を負わなければ
ならないとされています。

 

2 Bが不動産に隠れた瑕疵があることを
発見しても、当該瑕疵が売買契約をした目的を
達成することができないとまではいえないような
瑕疵である場合には、Aは瑕疵担保責任を
負わない。

 

解答×不動産に隠れた瑕疵があっても当該瑕疵に
よって売買契約をした目的を達成することが
できないとまではいえない場合には買主は
瑕疵担保責任の追求としての契約の解除は
できないとされていますが、損害賠償請求は
することができます。
よって売主が瑕疵担保責任を負わないとする本肢
は誤りということになります。

 

3 Bが不動産に瑕疵があることを契約時に
知っていた場合や、Bの過失により不動産に
瑕疵があることに気付かず引渡しを受けてから
瑕疵があることを知った場合には、Aは
瑕疵担保責任を負わない。

 

解答○正しい。買主が売主に対して瑕疵担保責任
を追及できるのは買主が瑕疵の存在について
知らず(善意)かつ知らないことについて過失が
ない(無過失)場合に限られる。

 

4 売買契約に、瑕疵担保責任を追及できる期間
について特約を設けていない場合、Bが
瑕疵担保責任を追及するときは、隠れた瑕疵が
あることを知ってから1年以内に行わなければ
ならない。

 

解答○正しい。条文どおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら