A所有の甲土地についてのAB間の売買契約に関する
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、
正しいものはどれか。

 

1 Aは甲土地を「1,000万円で売却する」と
いう意思表示を行ったが当該意思表示はAの真意では
なくBもその旨を知っていた。
この場合、Bが「1,000万円で購入する」という
意思表示をすれば、AB間の売買契約は有効に
成立する。

 

解答×本肢のケースは心裡留保に該当するものの
相手方Bが悪意であるから売買契約は無効となる。

 

2 AB間の売買契約が、AとBとで意を通じた仮装
のものであったとしても、Aの売買契約の動機が
債権者からの差押えを逃れるというものであることを
Bが知っていた場合には、AB間の売買契約は有効に
成立する。

 

解答×本肢のケースは通謀虚偽表示に該当し無効で
ある。
買主側では売主が売買契約を締結した動機を知って
いるかどうかは売買契約の有効、無効に影響しない。

 

3 Aが第三者Cの強迫によりBとの間で売買契約を
締結した場合、Bがその強迫の事実を知っていたか
否かにかかわらず、AはAB間の売買契約に関する
意思表示を取り消すことができる。

 

解答○第三者からの強迫による意思表示は相手方が
その事実について善意か悪意かを問わず取消すことが
できる。

 

4 AB間の売買契約が、Aが泥酔して意思無能力
である間になされたものである場合、Aは、
酔いから覚めて売買契約を追認するまではいつでも
売買契約を取り消すことができ、追認を拒絶すれば、
その時点から売買契約は無効となる。

 

解答×意思無能力である間になされ意思表示は無効
である。
意思表示が無効である以上、取り消すという話は
出てこない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら