宅地建物取引業者A (甲県知事免許) に対する
監督処分に関する次の記述のうち、
宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているもの
はどれか。

 

1 Aが、乙県の区域内の業務に関し乙県知事から
受けた業務停止の処分に違反した場合でも、
乙県知事は、Aの免許を取り消すことはできない。

 

解答○免許の取消しができるのは免許件者のみで
ある。

 

2 Aが、乙県の区域内の業務に関し乙県知事から
指示を受け、その指示に従わなかった場合でも、
甲県知事は、Aに対し業務停止の処分をすることは
できない。

 

解答×業務地の知事からの指示に従わなかった場合
でも、免許権者である知事が業務停止処分をする
ことはできる。

 

3 Aが、甲県の区域内の業務に関し甲県知事から
指示を受け、その指示に従わなかった場合で、情状
が特に重い
ときであっても、国土交通大臣は、Aの免許を
取り消すことはできない。

 

解答○国土交通大臣といえども自ら免許をした
宅建業者以外の免許を取り消すことはできない。

 

4 Aの取締役が宅地建物取引業の業務に関し、
建築基準法の規定に違反したとして罰金刑に
処せられた場合、甲県知事は、Aに対して必要な
指示をすることができる。

 

解答○「業務に関し他の法令に違反し、
宅地建物取引業者として不適当であると認められる
とき。」は必要な指示をすることができる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら