宅地建物取引業者 (消費税課税事業者) が、
宅地建物取引業に関して報酬を受領した場合に
関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に
違反しないものの組合せとして、正しいものは
どれか。
なお、この場合の取引の関係者は、A、B及び
Cのみとする。

 

ア Aは、BからB所有の宅地の売却について代理
の依頼を受け、Cを買主として代金3,000万円
で売買契約を成立させた。
その際、Bから報酬として、126万円を受領した。

 

解答 違反しない。代理の場合であるからAは、
Bから〔(3000万円×0.03+6万円)×2〕×1.05
=201万6千円までは報酬を受領しうる。

 

イ Aは、BからB所有の宅地の売却について代理
の依頼を受け、Cを買主として代金1,000万円
で売買契約を成立させた。
その際、Bから報酬30万円のほかに、Bの特別の
依頼による広告に要した実費10万円を受領した。

 

解答 違反しない。代理の場合であるからAは、
Bから〔(1000万円×0.03+6万円)×2〕×1.05=
75万6千までは報酬を受領しうる。
よって報酬30万円を受領することは問題ない。
また、報酬とは別に特別の依頼による広告に要した
実費として10万円を受領しているが、これも
問題ない。

 

ウ Aは、貸主B及び借主Cとの間で建物の貸借の
媒介契約を締結し、その1か月後にBC間の建物の
貸借契約を成立させたことの報酬として、B及びC
それぞれから建物の借賃の1月分ずつを受領した。

 

解答 違反する。建物の貸借の媒介契約で受領する
ことができる報酬の上限は、貸主、借主双方からの
受領分合わせて建物の借賃の1月分+消費税である。

 

 

1 ア、イ

2 ア、ウ

3 イ、ウ

4 ア、イ、ウ

解答 1

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法