宅地建物取引業者Aが行う業務に関する次の記述の
うち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものは
どれか。

 

1 Aは、自ら売主として売買契約を締結したが、
履行の着手前に買主から手付放棄による契約解除の
申出を受けた際、違約金の支払を要求した。

 

解答 違反する。手付放棄による契約解除では、
損害賠償の請求や違約金の請求はできない。

 

2 Aは、建物の貸借の媒介において、契約の
申込時に預り金を受領していたが、契約の成立前に
申込みの撤回がなされたときに、既に貸主に預り金
を手渡していることから、返金を断った。

 

解答 違反する。契約の申込時に預り金を受領して
いたが、契約の成立前に申込みの撤回がなされた
ときに、預り金の返金を拒む行為は、「申込みの
撤回若しくは解除の妨げに関する行為であって、
宅地建物取引業者の相手方等の保護に欠けるもの
として国土交通省令で定めるもの」に該当し、
してはならない。

 

3 Aは、自ら売主として行う造成済みの宅地の
売買において、買主である宅地建物取引業者と、
「Aは瑕疵を担保する責任を一切負わない」 旨の
特約を記載した売買契約を締結した。

 

解答 違反しない。買主が宅建業者なので、
業法40条の「瑕疵担保責任についての特約の制限」
規定は適用されない。
よって本肢のような特約も有効である。

 

4 Aは、自ら売主として工事完了前の
土地付建物の売買契約を締結するとき、契約書の
記載事項のうち、当該物件の引渡時期が確定して
いないので、その記載を省略した。

 

解答 違反する。物件の引渡時期は契約書
(37条書面)の必要的記載事項とされるので、
記載を省略することはできない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法