宅地建物取引業者が行う業務に関する次の記述の
うち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものは
どれか。

 

1 建物の販売に際して、利益を生ずることが確実
であると誤解させる断定的判断を提供する行為を
したが、実際に売買契約の成立には至らなかった。

 

解答 違反する。
「断定的判断を提供する行為」はすると、売買契約
の成立には至らなかったとしても、宅建業法違反で
ある。

2 建物の販売に際して、不当に高額の報酬を要求
したが、実際には国土交通大臣が定める額を
超えない報酬を受け取った。

 

解答 違反する。
「不当に高額の報酬を要求」はすると、実際には
受け取らなかったとしても、宅建業法違反である。

 

3 建物の販売に際して、手付について貸付けを
することにより売買契約の締結の誘引を行ったが、
契約の成立には至らなかった。

 

解答 違反する。
「手付について貸付けをすることにより売買契約の
締結の誘引」を行うと、売買契約の成立には
至らなかったとしても、宅建業法違反である。

 

4 建物の販売に際して、当該建物の売買契約の
締結後、既に購入者に対する建物引渡債務の履行に
着手していたため、当該売買契約の手付放棄による
解除を拒んだ。

 

解答 違反しない。
「建物引渡債務の履行に着手」しているので
売買契約の手付放棄による解除を拒むことが
できる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法