宅地建物取引業者Aが、自ら売主となり、
宅地建物取引業者である買主Bと建物の売買契約を
締結する場合における次の記述のうち、
宅地建物取引業法の規定に違反するものはどれか。

 

1 AはBと売買契約を締結し、代金の額の
10分の3の金額を手付として受領した。

 

解答 違反しない。
売主、買主双方が宅建業者である取引においては
手付の金額の制限規定は適用されない。

 

2 Aは、新築分譲マンションについて、
建築基準法第6条第1項の建築確認を受ける前に
Bと売買契約を締結した。

 

解答 違反する。
売主、買主双方が宅建業者である取引においても
契約締結時期の制限規定は適用される。

 

3 Aは自己の所有に属しない建物について、
Bと売買契約を締結した。

 

解答 違反しない。
売主、買主双方が宅建業者である取引においては
自己の所有に属しない宅地又は建物の
売買契約締結の制限規定は適用されない。

 

4 AはBと売買契約を締結する際、瑕疵担保責任
を負わない旨の特約をした。

 

解答 違反しない。
売主、買主双方が宅建業者である取引においては
瑕疵担保責任についての特約の制限規定は適用
されない。
よって瑕疵担保責任を負わない旨の特約を
することもできる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら