宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行う場合、
宅地建物取引業法第37条に規定する書面に必ず
記載しなければならないとされている事項の
組合せとして、正しいものはどれか。

 

ア 当該建物の瑕疵を担保すべき責任についての
定めがあるときは、その内容

 

解答 記載不要
貸借の契約書には記載不要。
売買、交換の契約書では任意的記載事項である。

 

イ 損害賠償額の予定又は違約金に関する定めが
あるときは、その内容

 

解答 記載しなければならない。
任意的記載事項である。
売買、交換でも同様。

 

ウ 天災その他不可抗力による損害の負担に
関する定めがあるときは、その内容

 

解答 記載しなければならない。
任意的記載事項である。
売買、交換でも同様。

 

1 ア、イ

2 ア、ウ

3 イ、ウ

4 ア、イ、ウ

解答3

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法