不動産取得税に関する次の記述のうち、正しい
ものはどれか。

 

1 平成21年4月に住宅以外の家屋を取得した
場合、不動産取得税の標準税率は、
100 分の3である。

 

解答×住宅以外の家屋を取得した場合、
不動産取得税の標準税率は、100 分の4である。

 

2 平成21年4月に宅地を取得した場合、
当該取得に係る不動産取得税の課税標準は、
当該宅地の価格の2分の1の額とされる。

 

解答○宅地や宅地比準土地を平成24年3月31日
までに取得した場合については、当該取得に
係る不動産取得税の課税標準は、当該宅地の
価格の2分の1の額とされる。

 

3 不動産取得税は、不動産の取得に対して、
当該不動産の所在する都道府県が課する税で
あるが、その徴収は特別徴収の方法が
とられている。

 

解答×不動産取得税の徴収方法は普通徴収で
ある。

 

4 平成21年4月に床面積 250 平方メートル
である新築住宅の価格から 1,200 万円が
控除される。

 

解答×住宅取得に関わる不動産取得税の
課税標準の特例は取得する住宅の床面積が
50㎡以上240㎡以下の場合に適用される。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法