印紙税に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 「Aの所有する土地 (価額 1億 7,000万円)
とBの所有する土地 (価額 2億円) とを交換し、
AはBに差額 3,000万円を支払う旨」 を記載した
土地交換契約書を作成した場合、印紙税の
課税標準となる当該契約書の記載金額は、2億円
である。

 

解答○交換契約の契約書の記載金額は高い方の
金額である。

 

2 建物の建築工事請負契約に際して、
請負人C社が 「請負金額 2,100 万円
(うち消費税及び地方消費税の金額 100 万円) を
受領した」 旨を記載した領収書を作成した場合、
印紙税の課税標準となる当該領収書の記載金額は
2,100 万円である。

 

解答×領収書の記載金額は消費税額が区分表示
されているか、明らかな場合には消費税額は
含めない。

 

3 土地の売買契約書 (記載金額 5,000 万円)
を3通作成し、売主D社、買主E社及び媒介した
宅地建物取引業者F社がそれぞれ1通ずつ保存
する場合、F社が保存する契約書には、印紙税は
課されない。

 

解答×印紙税は仲介人等の契約参加者に提出
若しくは交付する契約書にも課税される。

 

4 給与所得者Gが自宅の土地建物を譲渡し、
代金 8,000 万円を受け取った際に作成した
領収書には、金銭の受取書として印紙税が
課される。

 

解答×本肢の領収書は営業に関しない受取書
である。
したがって印紙税は課されない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法