土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しい
ものはどれか。

 

1 組合施行の土地区画整理事業において、
施行地区内の宅地について所有権を有する組合員
から当該所有権の一部のみを承継した者は、
当該組合員とはならない。

 

解答×組合施行の土地区画整理事業において、
施行地区内の宅地について所有権又は借地権を
有する者は全員組合員となる。
したがって所有権の一部を承継した者も当然、
組合員となる。

 

2 組合施行の土地区画整理事業において、
換地処分前に、施行地区内の宅地について所有権を
有する組合員から当該所有権を譲り受けた者は、
当該組合の総会において賦課金徴収の議決が
あったときは、賦課金の納付義務を負う。

 

解答○土地区画整理法26条1項より正しい。

 

3 換地処分は、換地計画に係る区域の全部に
ついて土地区画整理事業の工事がすべて完了した後
でなければすることができない。

 

解答×換地処分は、換地計画に係る区域の全部に
ついて土地区画整理事業の工事が完了した後に
おいて、遅滞なく、しなければならない。
ただし、規準、規約、定款又は施行規程に別段の
定めがある場合においては、換地計画に係る区域の
全部について工事が完了する以前においても
換地処分をすることができる。

 

4 組合施行の土地区画整理事業において、定款に
特別の定めがある場合には、換地計画において、
保留地の取得を希望する宅地建物取引業者に
当該保留地に係る所有権が帰属するよう定める
ことができる。

 

解答×換地計画において定められた保留地は、
換地処分の公告があつた日の翌日において、
施行者が取得する。
直接、第三者に所有権が帰属するよう定めることは
できない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら