建築基準法 (以下この問において 「法」 という。)
に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 法第3章の規定が適用されるに至った際、現に
建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道路法に
よる道路は、特定行政庁の指定がなくても法上の
道路とみなされる。

 

解答×特定行政庁の指定がある場合に法上の道路と
みなされる。

 

2 法第42条第2項の規定により道路の境界線と
みなされる線と道との間の部分の敷地が私有地で
ある場合は敷地面積に算入される。

 

解答×道路の境界線とみなされる線と道との間の
部分の敷地は当然、道路とみなされるわけである。
したがって敷地面積には参入されない。

 

3 法第42条第2項の規定により道路と
みなされた道は、実際は幅員が4m未満であるが、
建築物が当該道路に接道している場合には、
法52条第2項の規定による前面道路の幅員に
よる容積率の制限を受ける。

 

解答○建築基準法上の道路とみなされる以上、
法52条第2項の規定による前面道路の幅員に
よる容積率の制限を受ける。

 

4 敷地が法第42条に規定する道路に2m以上
接道していなくても、特定行政庁が交通上、
安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて
利害関係者の同意を得て許可した場合には、
建築物を建築してもよい。

 

解答×建築審査会の同意を得て許可した場合には、
建築物を建築してもよい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法